>
人と環境にやさしいLPガス





 

人と環境にやさしいLPガス


水害や生態系、人間社会にさまざまな影響を及ぼす地球温暖化。その主たる原因となっているのはCO2の排出量です。
LPガスは化石燃料のなかでも最もCO2(二酸化炭素)の排出量が少なく、天然ガスとともにクリーンなエネルギーである(2003年10月に閣議決定された「エネルギー基本計画」より)と位置付けられています。 また、酸性雨の原因となるSOx(硫黄酸化物)の排出がほとんどないことに加えて、エネルギー効率がきわめて高いことから重大な危機に直面する地球温暖化
問題にとって理想的なエネルギーのひとつとなっています。



「クリーンエネルギーとして、優れているところ!」

 

  • 燃焼による排ガス中のCO2の量は、石油や石炭に比べてすくない。
  各燃料の同じ熱量でのCO2排出量比較
(LPGを1とした場合)
出所:(財)地球環境産業技術研究機構(RITE)

 

 

 

  • LPガスには硫黄分の含有量がほとんどなく、窒素も含まれていない。
     
  • ススや灰分を出さない。
     
  • オゾン層破壊の心配がない。
     
  • 環境にやさしい自動車として普及を図る為の補助金などの制度が整備されています。

 

 

 

  • 特定フロンガスの代替の噴霧燃料としてヘアスプレーや殺虫剤など、手軽で便利なエネルギーとして使われています。

 

環境によいことと併せて、都市ガスに比べカロリーが高い高品質なエネルギーです。

 

 

ページ上部へ