>
LPガスの基礎知識





 

LPガスの基礎知識


LPガスは、液化石油ガス(Liquefied Petroleum Gas)の頭文字をとったもので、通常の状態では気体の石油ガスを圧縮して液化したものです。 その成分はプロパンやブタンなどの炭化水素ですが、家庭用に供給されているLPガスはプロパンが主成分なので一般にプロパンガスと呼ばれています。


 

 

LPガスの性質

 

    LPガスは、空気よりも重く、万が一、空気と混じると低いところに集まります。  (LPガスの重さは空気の約1.5倍です。)

 

 

    LPガスそのものは無色無臭ですが もれたときにすぐ分かるよう にニオイをつけてあります。

 

    LPガスそのものは、人体に有害な一酸化炭素(CO)などを含まないクリーンなガスです。
    ただし、屋内での使用は、換気にくれぐれも注意しましょう。

 

    LPガスは、通常の状態では気体ですが、冷却したり圧力をかけると簡単に液化します。
    液体のLPガスが気化すると、その容積は250倍になります。

 

    LPガスは、空気中に1.8%~9.5%混じった時、火をつけると燃え出します。これ以上でもこれ以下でも燃えません。

 



 

ご存じですか?LPガスならではの優れた特性の数々!


 

 

 

LPガスの正しい使い方

 

火がついたことを必ず目で確認してください。

※ガス器具のそばには燃えやすいものを置かないで下さい。
※風や煮こぼれで火が消えたり、てんぷらを揚げる時など、鍋の油に火が着くことがあります。その場を離れないようにしましょう。

 
点火しない時は一旦スイッチを切り、間をおいてから再度点火して下さい。

 
ガス使用中はその場を離れないで下さい。

 
ガス器具を使用する時は換気扇を回したり、窓などを開けたりして必ず換気をして下さい。

 
元栓は全開で使用し、使用後は完全に閉めて下さい。

※外出・就寝時には、必ず元栓が閉まっていることを確かめて下さい。

 
コンロの「ごとく」などの付属品は、専用のものをご使用下さい。

※専用以外の「ごとく」などの使用をすると、一酸化炭素が多量に発生することもあります。

 
ガスの炎はいつも青い炎の状態でご使用下さい。
※赤っぽい炎は不完全燃焼しているので危険です。
 



 

 

安心をささえる安全器具


ガス漏れ事故を防止するために<


ゴム管が外れるなどして、ガスが大量に流れると自動的にガスを止めます。
 

取付け、取外しがワンタッチで確実です。コンセントタイプの元栓に使用します。
 

風や煮こぼれなどで火が消えると安全装置が働き、自動的にガスを止めます。
   



さらに安心の為に


ガスメータに内臓されたマイコンと遮断弁の働きで、ガスもれなどガスの流れに異常があるとガスを遮断します。また、S型保安ガスメータは、大きな地震の際にもガスを止めるなど、さらに保安機能が充実しました。
 

ガスもれを素早く感知してブザーで知らせます。また、マイコンメータと連動するタイプでは、ブザーで知らせると同時にマイコンメータに信号を送り、マイコンメータがガスを遮断します。
 

不完全燃焼などで発生した一酸化炭素を感知してブザーで知らせます。
   

 


ゴム管が外れるなどして、ガスが大量に流れると自動的にガスを止めます。
 

取付け、取外しがワンタッチで確実です。コンセントタイプの元栓に使用します。
 

風や煮こぼれなどで火が消えると安全装置が働き、自動的にガスを止めます。
   

 

その他の安全装置  


ガスメータに内臓されたマイコンと遮断弁の働きで、ガスもれなどガスの流れに異常があるとガスを遮断します。また、S型保安ガスメータは、大きな地震の際にもガスを止めるなど、さらに保安機能が充実しました。
 

ガスもれを素早く感知してブザーで知らせます。また、マイコンメータと連動するタイプでは、ブザーで知らせると同時にマイコンメータに信号を送り、マイコンメータがガスを遮断します。
 

不完全燃焼などで発生した一酸化炭素を感知してブザーで知らせます。
   

 

 

ゆとりと豊かさの時代の安心のシステム


LPガス集中監視システムとは、お客様宅に設置された通信機能を持つマイコンメータと集中監視センターを電話回線で結び、お客様宅から自動的に送られてくる保安情報をセンターが24時間監視するシステムです。 万一ガスもれなどの異常が起きた場合、センターから適切な指示をしてガス事故を未然に防止するもっとも進んだ安心の事故防止システムです。


 

 

 

ページ上部へ