>
災害に強いLPガス【行政や地域との連携】

 災害に強い分散型エネルギー  災害時に有用な機器  行政や地域との連携  業界の防災活動

 

地域での防災活動事例

「伊藤忠エネクスホームライフ東北」(宮城県仙台市)では、本社事務所の中に防災センターを設置し、仙台市と災害対応に関する協定を締結するなど、地域に密着した防災活動に取り組んでいます。その協定では、災害発生時に半径2.5km以内にある指定避難所へ優先的にLPガス及び供給設備を提供することが規定されています。また、行政や町内会と連携し、LPガスの熱源を利用した炊き出し等の防災訓練を実施しています。

 

   交通渋滞等で道路や自動車が十分に利用できない状況において、専用のリヤカーを使い30分程度で燃焼設備を指定避難所まで搬送します。
 
 

 

 

LPガス燃焼設備セット

 
 

 

 

 

消費者団体との連携事例

LPガス業界では、全国地域婦人団体連合会と連携し、全国各地の婦人会・女性会で行われている防災学習会や防災訓練に参加しています。この活動は、地域の婦人会・女性会に地域行政の防災担当者とLPガス関係者が参加し、防災活動における連携と推進を目的として実施されるもので、2007年度は全国43か所6,245人が参加しています。

 

地域での防災活動(全地婦連が全国各地で開催する婦人会・女性会の防災学習会活動と連携)


※画像をクリックすると、拡大表示されます。

 

 

ページ上部へ