>
>
知っておきたい LPガスの供給設備





 

知っておきたい LPガスの供給設備


LPガス容器(ボンベ)からガスメーターまでは供給設備と呼ばれ、LPガスを供給する販売店が責任を持って点検・管理を行いますが、お客様にも簡単なチェックをしていただくと安心です。

 
 


LPガス容器には高圧のLPガスが液化された状態で充てんされています。



圧力調整器はLPガスを使用する際、常に最適のガス圧力に調整しています。



ガスメーターに内臓されたマイコンと遮断弁の働きで、ガスもれなどガスの流れに異常があると自動的にガスを遮断します。

※供給設備には緊急時以外は触れないでください。

 





 

マイコンメーターはこんなとき、ガスを遮断します

 


使っていないガス栓を開いてしまったり、ゴム管のはずれなどで不自然に大量のガスが流れると、自動的にガスを遮断します。

 

おふろのつけっぱなしなど、必要以上に使用時間が長いと、自動的にガスを遮断します。

 

感震器付きのタイプのものは、ガスを使用中に大きな地震(震度5程度以上)を感知したとき、自動的にガスを遮断します。

※ご注意 マイコンメーターでガスが止まったときは、ガスもれの疑いもありますので、
  ガス臭くないか、充分確認してください。

 
 

 

マイコンメーターがガスを遮断した後、自分でできる復帰方法



 

※復帰ボタンを押した後,ガスもれがないかどうかマイコンメーターが1~2分間、安全確認しています。
  異常がなければ、ランプ(または液晶)の点滅が消え、もとどおりガスが使えます。
  (なお、正常に復帰しない場合や、不明な点がある場合はLPガス販売店にご連絡ください。)

 

 

ページ上部へ